現地採用はやはり日系企業から探すのがベター

企業の進出状況や景気によってフィリピン駐在求人は増減しますので駐在員にこだわりが無ければ現地採用という選択肢もあります。

フィリピン現地採用で就職したいと考えていても、求人情報自体は日本国内でも入手することが可能です。日系企業である場合現地採用にせざるを得ない理由として、現地にしか拠点がないということもケースとしてはあります。システム系の小規模から中規模の会社であれば、現地に特化した制作環境であるため、駐在ではなく現地採用と銘打つ場合が多いです。その場合でも日本国内で面接が可能なケースなどもあるため、募集元によって実際の手続きは異なってきます。

現地採用求人の際にまず問われることは就職後ずっとフィリピンで暮らすことになるという現実です。帰国したいと考えた場合は転職することになりますので、その後の生活基盤をフィリピンに据えることができる方を前提とした募集がかけられています。また、現地設立である場合は現地のスタッフを囲い入れていることがほとんどですので、駐在員のように現地と日本を繋ぐ役割としてではなく、フィリピンに完全に溶け込むことができる人材が求められています。

基本的には英語を用いることができればコミュニケーション可能ですが、ゆくゆくはフィリピン語を覚えるという意志も問われます。福利厚生に関しては現地のルールに基づいた条件での契約になりますが、現地スタッフよりは遥かに良い条件で就労が可能です。近年では特にIT系スキルと管理系スキルを持つ人材の引き合いが強くなっているので、そのような経験を有する方は合致する求人を得やすくなっています。

求人を探すのに活用できるサイト

まずはフィリピンで運営されているプライマーメディアという会社の発信しているフィリピンプライマー(http://primer.ph/)というサービスがあります。求人だけではなく、フィリピンの情報をさまざまな形で紹介している企業で、Webサイトを通じた発信以外にはマニラ発のフリーペーパーなども発行しています。国内でのマーケティングサポートを行うなど、日系企業との結びつきがとても強く、採用情報に関しても豊富に取り扱いがあります。フィリピンでの生活情報も同時に得ることができるサービスです。

続いてGJJです。GJJ(http://www.kaigai-shushoku.com/)は海外就職を総合支援するサービスです。フィリピンだけではなく、世界各国への就職支援を行っていますが、アジア系の求人は近年とても増えていて、フィリピンの情報もとても豊富です。日系企業だけではなくグローバルに展開する各国の大手企業とのパイプが太いので、外資系企業へ就職するチャンスも得ることができます。海外就職のための講座なども行っていて、準備も十分に整えることができます。

英語を学びながら仕事を探したい、それもいち早くフィリピンに赴きたいという場合はMMBS(http://www.mmbs.co/)という滞在式の英語学校で学びながら仕事を探すという手段もあります。MMBSでは英語教育の他に就職斡旋のようなことも行っています。滞在しながら学び、実際の職場に赴くなども可能ですので、よりリアルな求職活動を進めたいという場合は推奨できます。

≪フィリピン駐在の求人にオススメ転職サイト5つへ戻る

このページの先頭へ

]