フィリピンの生活情報。現地で働くのは不便ではない?

フィリピンの生活情報については、あらかじめ現地に渡航したことがある方はある程度予想していることもあるはずですが、観光で赴いた際の印象と実際に生活するのでは少し事情が違います。フィリピンは貧富の差が激しく、現地の生活レベルは平均として割り出すことが難しいほど人によって差があります。日本人が現地で生活する場合、家族を養いつつ不自由なく暮らしていくために必要な予算は15万円ほどです。現地の方が普通に働いて稼ぐことが出来る金額ではないので、日本的な感覚の生活レベルをそのまま現地で再現できた時点で、現地では富裕層に分類されることになります。

現地の中流の方が一般的に暮らしているような生活環境は少し日本人にとっては厳しいものがあります。シャワーは水だけ、あるいはシャワーがないという住居も多いですし、食事に関しても現地の平均ではおかず一品にご飯山盛りというケースが多いです。ある程度の生活レベルを維持したい場合はそれなりの出費を想定しておく必要があります。

ただ、都市部ではそれなりに予算を用意すれば近代的な生活が可能になっていて、必要なものをしっかりと揃えることは可能です。フィリピン外から赴任した方向けのコンドミニアムなどでは近代的な生活設備が整っていますし、買い物も便利にできます。現地の方の水準ではなく、赴任した方のアベレージで捉えると、先進国よりも割安で、十分な生活が可能な環境が整っていますので、心配することはありません。

住宅事情

フィリピンで長期に渡って働く際、住宅事情に関する部分がもっとも気になる点の方も多いのですが、雇用の形態によってこれは変わってきます。それは現地採用であるのか、それとも駐在員として働くのか、という差です。結論からいえば、駐在員として現地に派遣される場合は住宅が用意されているケースが多いです。

会社が日本人向けに物件を借り上げているケースが多く、光熱費だけが実費で家賃に相当する費用は実質かからないという条件であることが多く、その代わり暮らす場所を選択できないということもあります。ただ、日本人駐在員が多く暮らす地域に社宅が用意されていることがほとんどですので、自身で住居を一から探すよりも安心で、多くの駐在員の方が用意された住宅で暮らしています。現地採用ではこの限りではないので、注意が必要です。

交通事情とは

フィリピンで実際に働く際、毎日の通勤が気になるところですが、交通事情は決して先進的とはいえないのが実情です。まずは電車ですが、これは便利に使えるレベルまで発達はしていません。特に日本の首都圏では本数も多く、どこへでも行くことができる鉄道網が存在していますが、フィリピンではそのようなことは期待できません。

そのため多くの方が車で通勤するのですが、主要な幹線道路は慢性的な渋滞が続きます。車で移動する方が多いからなのですが、その上に多量の雨などで冠水することも多いです。ですから、職場と住居はある程度近い場所を想定しておくことがストレスなく暮らしていくためのポイントでもあります。雇用先によっては社用車での送迎がある場合もあるのですが、これは交通事情が悪いということに起因しています。あらかじめ理解しておくことが大切です。

赴任の際の医療事情

フィリピンでは水害が多く、それをキッカケとした衛生不良による疾患も多いです。現地で働く際はしっかりと治療できる病院を生活圏の中に見つけておくことが大切です。医療事情としては、日本人向けの病院がマニラ都市圏のマカティ市に存在しています。日本人会診療所という医療機関では、日本と同等の治療を受けることができます。

雇用側もフィリピンで働く際には赴任前に予防接種の費用を負担したり、家族が現地で病気になった際の手当を付けることが多いです。特に子どもがいる場合、外務省などもポリオ、三種混合、麻疹、風疹、水痘、B型肝炎などに対しての予防接種を奨励していて、各企業もそれに沿った費用を負担する例が多いです。気候も違うので、健康対策はしっかりと整えておきたいところです。

日本人街とは

フィリピンで働きながら暮らす場合、ある程度同じような境遇の方が暮らすエリアを選択すると安心です。そのようなエリアで代表的な場所はマカティです。マカティはビジネスの中心地でもあり、日系企業のオフィスも多く、インフラも整備されています。特にレガスピエリアは日本人街といっても良いほど、駐在員などが多く、安心できます。

収入が多く、富裕層に分類されるような方はタギックという場所を選択することも多いです。ビジネス、そして高級住宅地として大規模に開発されたエリアで、マニラ日本人学校などもあります。経営層の方などが多く、とても恵まれた環境といえます。これらのエリアは勤める職場と近いことも多いため、自然に選択肢に入ることになります。

駐在員の生活とは

フィリピンに駐在する際の生活レベルですが、インフラや交通網が日本と比較すると弱い部分もあるためにそのような利便性についてはやや劣る面もあるものの、日本における平均的な収入を得ることができているというのであれば現地では立派な富裕層といえます。毎月の生活予算としては15万円も想定しておけばかなり裕福な暮らしが可能です。さらに住宅が支給される場合や通勤の際に運転手が付く場合なども多いですし、家族で移住する場合はメイドを雇うケースがほとんどになります。

メイドや運転手に関しては実費で雇用することになるケースもあれば、運転手分の費用は会社が負担することもあります。フィリピンの道路事情は決して交通マナーが良いとはいえず、現地で運転するためにはある程度の馴れが必要だということも理由のひとつです。このようなメイドや運転手を雇用するということも、日本での平均的な収入レベルで可能なことになります。

現地で必要な車に関しても雇用側から貸与されることが多いです。通勤だけではなくレジャーなどでの外出にも運転手は応じます。メイドがいて運転手がいる生活を想像してみると、多少利便性に欠ける現地での暮らしも決して悪くないと捉えることができます。駐在員にとってはとても有利なことが多いので、フィリピン生活を想定して求職する場合は、駐在を前提に検討することがポイントになります。その際、条件として住宅や車、運転手のことなどをしっかりと確認するのが大切です。

このページの先頭へ

]