日本語とフィリピン語の両方を活かす仕事で道あり!

フィリピンで働くためのフィリピン語を習得したのであれば、現地でそれが活かせる求人を探したいと考えるのが当然です。フィリピンでは公用語が2つあり、フィリピン語に加えて英語も公用語として用いられています。日本において一般的な学校で学ぶことができる英語よりも、フィリピンの英語教育の方が進んでいて、誰もが日常会話程度であれば英語でコミュニケーションを行うことができます。ただ、本来の母国語はフィリピン語ですので、本当に深く現地の方と関係を築いていきたいのであればフィリピン語を用いることができる方が望ましいということになります。

フィリピン語が活かせる仕事としては、現地スタッフとコミュニケーションを多くとることになる仕事が適しています。例えばコールセンターなど、現地スタッフが多く勤務している環境であれば、通常は英語でのコミュニケーションですが、より連帯感を高めるためには現地の言葉を用いる方が得策です。

旅行会社の現地スタッフなどであっても、半ば通訳のようなことを兼ねるため、現地観光施設などとの折衝で現地の言葉が役に立ちます。基本的にどの仕事でも英語でコミュニケーションすることができれば成立しますが、加えて現地の言葉を用いることでより深い関係を作ったり、円滑に物事を進めることができます。フィリピン人の同僚が多い環境ではとても役に立つのがフィリピン語のスキルになります。覚えておいて損はないですし、現地で働くうちにどんどんスキルアップしていくことは確実です。

≪フィリピン駐在の求人にオススメ転職サイト5つへ戻る

このページの先頭へ

]