現地の人との親しみと交流のために

日本人よりも英語を深く習得しているといわれるフィリピンの方々ですが、現地に渡航するのであれば簡単な日常会話くらいは習得しておくのが礼儀です。日本でもおはよう、こんにちは、さようなら、程度であれば日本語で話してくれる外国人滞在者がたくさんいます。要件は英語で済むとはいえ、コミュニケーションは気持ちですから、フィリピンで接することになる方々も本来の公用語であるタガログ語で会話してくれることを望んでいます。

まずは簡単なあいさつからです。朝のあいさつ、おはようからです。フィリピン語は比較的カタカナで覚えることができ、一度覚えてしまえば容易に使うことができる点がとてもありがたいポイントです。タガログ語でおはようはマガンダン・ウマガといいます。アルファベットで記すとMagandang umagaとなります。本来はウマガでも通じますが、マガンダンをつけることで英語のgood morningのgoodに相当する意味合いを持たせることができます。

このマガンダンを用いる他の表現としては、こんにちはという意味のマガンダン・ハーポン(Magandang hapon)やこんばんはという意味のマガンダン・ガビ(Magandang gabi)があります。マガンダンを単体で用いるときはマガンダ(Maganda)になります。これには英語のgoodに加えてbeautifulという意味合いもあります。女性の方の装いを褒める場合などにも用いることができる言葉です。とてもシンプルで用いる頻度も高いので、まずはこのマガンダを自然に使うことができるようにしておくと困ることはありません。

続いてお礼の言葉です。フィリピンの方は日本人にとても好意的ですので、お礼表現を使う機会もとても多くなります。ありがとうはサラマット(Salamat)、これを丁寧にした表現がサラマッポ(Salamat po)です。フィリピンの言葉は最後にポをつけることで丁寧な表現になりますので、目上の方に対してはこちらを用いると最適です。逆にお礼を言われたときのどういたしましては、ワラン・アヌマン(Walang anuman)となります。これも多用することになりますので覚えておくべきです。

必要なやりとりは英語で済むという場合でも、ちょっとしたあいさつやお礼の言葉を現地の言葉にするだけで相手から抱いてもらえる親近感に差が出てきます。現地でしっかりと人間関係を築きたい場合は、少なくともこれらの挨拶を自然に使えるようにしておくことが大切になります。

このページの先頭へ

]